合格というニンジン

いよいよセンター試験までカウントダウンが始まった。

否応なしに緊張感も高まってくる。

一方では、諦めてしまう人、逃避する人も出てくるのがこの時期。

まあ、開き直りってのも大切である。なるようにしかならない。

とまあ、そんな状況の中でとある一浪中のY君の話題になった。

「あれだけの成績とっても、まだあんなにやっている」

そんな現役生の感嘆の声が聞こえてくる。

周りの生徒もうんうんと頷く。

マーク模試では変態的な偏差値とってるしな(笑)

大学別の模試でも、楽勝で合格圏内。俺も唖然としたけど。

それでも塾内でいちばん勉強している。

油断とか慢心とは無縁である。

それは、昨年の失敗がきちんと生かされているからだろう。

もちろん、失敗しないように万全の準備をすることは大事である。

だが、それでも失敗してしまうのが人間というもの。

大切なのは、失敗から何を学び、次にどう生かすかだ。

失敗を恐れて逃げる人。失敗したことから目を背ける人。

残念ながらそういう人には何も期待できない。

ずっと逃げ続けることになるからね。

そういう意味で、Y君は敬愛すべき生徒なのである。

そして、勉強を続けられるもう1つの理由は、それが決して「合格のため」だけではないからだろう。

彼の勉強する様子を見ていると、地理以外はとても楽しそうにやっている(笑)。

それは純粋に、理解することが面白いからだと思う。

俺も受験勉強の途中から、純粋に数学が楽しくて仕方なかった。

本来、勉強っていうのはそういうものであるべきなんだけどね。

世の中が勝手に作ってしまった受験というシステム。

そんな糞みたいなものに負けるんじゃないぞ、受験生よ!

最新情報をチェックしよう!
>ちゃんとした数学の授業を受けていますか?

ちゃんとした数学の授業を受けていますか?

体験授業は随時実施しております。
学習相談なども受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG