私立高校入試

明日は私立高校入試。

緊張しているという生徒もいるみたい。

確かに、ほとんどの生徒にとっては今回が初めての入試(第1志望かどうかは別として)なので、その気持ちも分からないではない。

ただ、いつも言っているように、入試というのは大概やったことがそのまま出る。

合格するに足りることをやっていれば受かるし、足りなければ落ちる。そこはシンプルに考えたい。

注意したいのは、単純に「頑張った」という自己判断の絶対量で計れるものではないということ。

自分に足りていないものを正直に認め、それを改善し、なおかつそのサイクルを継続してきたか、である。

中3生を見ていると、毎日自習に来て質問を潰していく生徒もいれば、相変わらず間違った努力をしている生徒もいる。

冷たい言い方ではあるが、受験するのは生徒本人であって俺ではない。

本番は、自分の能力だけを頼りに戦わなければならない。

それに対して、絶対的な自信を持って臨めるかどうかである(自分の能力に不安がある人は、だいたい試験直後に答えを言い合ったりしてる)。

そのために、うまく塾を利用しなさいよ、といつも言ってるのだが。。。

自分の能力をしっかりと磨きあげたと言えるだろうか。

私立入試のあとにもう一度問い質してみるかな。

最新情報をチェックしよう!
>ちゃんとした数学の授業を受けていますか?

ちゃんとした数学の授業を受けていますか?

体験授業は随時実施しております。
学習相談なども受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG