【石川県総合模試】2019 第4回石川県総合模試の数学を解いてみた【大問5】

塾長
朝晩の冷え込みが厳しくなってきました!気づけばもう10月も終わりですね。勉強するには良い感じの気候になってきましたが、受験生の皆さんは順調でしょうか?

第4回石川県総合模試(数学)

前回までの記事

関連記事

塾長秋も深まってきました。寒暖の差も激しくなっているので体調には十分気をつけましょう! 受験生は焦りが出てくる時期かもしれませんが、一歩一歩確実に進むことを意識して下さい。いきなり劇的に点数アップ!を期待する気持ちも分かりま[…]

関連記事

塾長前回は全体のことについて大まかな話をしたので、今回からは1つずつ大問を取り上げて見ていきましょう。今回は小問集合の大問1です!大した問題は出ないからと侮ってはいけませんよ!第4回石川県総合模試(数学)前回まで[…]

関連記事

塾長石川県総合模試の記事を書くとアクセスが跳ね上がりますね。通常の3倍のアクセス数・・・赤い彗星・・・。これはもう、「お前は模試の解説だけ書いておけば十分」ということですかね? うう、悲しい。できれば他の記事も読んでもらいた[…]

関連記事

塾長今回の模試の問題の中でも復習しておきたい問題No.1が大問3の関数の問題です。問題の設定がかなり面倒になっていますが、グラフをうまく利用して問題を視覚的に捉えていく練習をしておきましょう。こうしたタイプの問題は入試でも頻[…]

関連記事

塾長石川県総合模試の記事を書くと本当にレスポンスが良いですね(笑)質問などのメッセージをくださったみなさん、ありがとうございます。1つ1つきちんと返答したいので時間がかかるかもしれませんが、一応全部のメッセージに目を通し[…]

大問5

内容 作図

難易度 標準

作図の問題はあまり難しい問題は出題されないので、きちんと練習を積んでおきたいところです。

今回も $\triangle \mathrm{ABC}$ に対して線分 $\mathrm{AP}$ を作図する問題でした。

点Pの満たす条件は以下です。

  1. 点 $\mathrm{P}$ は辺 $\mathrm{BC}$ 上にある
  2. $\triangle \mathrm{ABP}$ の面積は $\triangle \mathrm{APC}$ の面積の3倍になる

定規とコンパスを手にする前に、まずは幾何的に状況を把握することから考えましょう。

$\triangle \mathrm{ABC}$ があり、その辺 $\mathrm{BC}$ 上に点 $\mathrm{P}$ があり、さらに $\triangle \mathrm{ABP}$ の面積が $\triangle \mathrm{APC}$ の3倍となります。

このときに、大まかで良いので「こんな感じになるだろうなあ」という予測を立てられるようにしておきましょう。

とくに図形の問題では、「形の予測」ができるかどうかで取り組みやすさが大きく変わってきます。

ただ何となく適当にやってみることも悪くはないですが、「多分こうなるだろう」という予測は数学でも大切なのです。

というわけで、「だいたい $\mathrm{P}$ はこんへんじゃないか?」という予測を立ててみてください。

$\triangle \mathrm{ABP}$ の面積が $\triangle \mathrm{APC}$ の面積の3倍というのがポイントで、$\triangle \mathrm{ABP}$ と $\triangle \mathrm{APC}$ は高さが等しい三角形となるため面積の比は底辺の比で決まります

つまり、$\mathrm{BP:PC=3:1}$ であることが理解できればOKです。

あとは、この比を満たす $\mathrm{P}$ を作図していきましょう。

$\mathrm{P}$ が辺 $\mathrm{BC}$ を4等分した点の1つであることがすぐに把握できないとダメですよ!

まず $\mathrm{BC}$ の垂直二等分線を作図し、$\mathrm{BC}$ の中点を求めます($\mathrm{Q}$ とでもしましょう)。

この操作を繰り返して、$\mathrm{QC}$ の中点を求めればその点が $\mathrm{P}$ となります。簡単!!

大切なことは、どう作図するかももちろんですが、幾何的な特徴をきちんと把握するということです。

図形の知識をフル活用して考えるようにしましょう!

最新情報をチェックしよう!
>ちゃんとした数学の授業を受けていますか?

ちゃんとした数学の授業を受けていますか?

体験授業は随時実施しております。
学習相談なども受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG