【初日倍率】いよいよ直前期【公立高校入試】

石川県教育委員会から出願状況の発表がありました。以下のリンクから出願状況をご覧いただけます(PDFファイルが開きます)。

令和2年度石川県公立高等学校一般入学(全日制)の出願状況(2月19日)

現時点での出願状況なので、ここから変動があるかと思いますが、大まかな傾向はある程度掴めるのではないでしょうか。

塾長
上位校は初日から倍率がすでに高くなっており人気が伺えますね。今年の最終倍率はどうなるでしょうか? で、志望校の倍率が高くなると嫌がる受験生も多いのですが、自分が行くかもしれない高校が不人気なのもどうかと思っちゃう塾長です。

まだ出願変更も可能なので、確定倍率が発表されるまで少し時間があります。この直前期の過ごし方というのは結構大切なので「何となく受験当日を迎えてしまった」ということのないように準備を進めていきたいですね。早速メールでも直前期の数学の勉強について数件のご相談をいただきました。可能な限り丁寧にお返事させていただきました。ご参考にしていただければと思います。

さて、一方では「どうしよう」という迷いや不安を抱えている受験生や保護者の方もたくさんいらっしゃると思います。思った以上に志望校の倍率が高かった人や、成績に不安を抱えている人は「志願変更」も視野に入れている人もいるかもしれません。直前期に志望を変更するのは「逃げ」だという人もいますが、私は必ずしもそうだとは思いません。もちろん最初から掲げてきた目標を最後まで貫く姿勢はとても素敵だと思います。しかし、ベストな選択にこだわり過ぎるあまり「ベターな選択」を考慮せずに捨ててしまうというのも考えものだと思います。とくに高校合格がゴールになってしまっていて、その先のことを全く考えていないという人は要注意です。仮に不合格となった場合「その後のプランがまったく考えられていない」という人が案外多いように思います。

個人的に、高校入試に対して「何でもいいから合格すればOK」という考え自体がなくなってもらいたいと思っています。合格できるかどうかだけに目を向けるのではなく、高校に入ってからどうするのか、そして将来的に大学へ進学するつもりであるならば、大学入学後のことまで考えて準備をしていって欲しいわけです。場当たり的な選択を繰り返してあとで後悔することのないように、ある程度のプランは持っておいて欲しいなと思っています(贅沢な悩みかもしれませんが)。

と、ごちゃごちゃ書いていますが、いちばん大事なことは受験する本人が

納得して試験本番に臨める

ということではないでしょうか。そのために一生懸命悩めばいいんです。不安と向き合って、自分なりの決断を下せばいいと思います。そうやって、自分自身のことを探りながら、この先どうしていきたいのかをしっかりと考えて欲しいなと思います。

最新情報をチェックしよう!
>ちゃんとした数学の授業を受けていますか?

ちゃんとした数学の授業を受けていますか?

体験授業は随時実施しております。
学習相談なども受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG