高校入試の出題範囲などに配慮

塾長
緊急事態宣言が解除される見通しです。もちろん、ウイルスの流行が収束したわけではなく根本的な状況は何も改善されていません。が、このままでは経済も死んでしまうため、こうした選択をせざるを得ないといったところでしょうか。当然ですが、塾としては学力的な部分での不安も感じています。

学校の再開は今のところ段階的に実施されるような感じですね。全校登校という元通りの形になるのはまだまだずっと先という感じです。もしかすると、そうした形式自体がなくなることも考えられます。そういう意味では、学校というシステムや入試というシステムにも大きな変化がやってくる可能性がありますね。まあ「アフターコロナはこうなる!」みたいな予想をして煽りまくっている人もいますが、正直、どんなものになるかはその時にならないと分からないので、そんなことを考えても仕方ない、というのが私個人の感想です。

なお、高校入試については、文科省からお達しが出ているようです。

リセマム

 文部科学省は2020年5月13日、新型コロナウイルス感染症のために中学校が休校していることを踏まえて、2021年度(令…

これに関しても「出題範囲の変更を受けて高校入試が変わる!」などと、いたずらに不安を煽って稼ごうとする輩がたくさん出てくるでしょう(既にわいてるかもしれません)。正直そういう塾は信用に値しないのですが、そういう塾(あるいは情報)の方が需要があったりするので困りものです。ま、そんな表面的なことで右往左往する時点でいろいろアレですが。そうした煽動的な情報に弱いのは思想的なものなのか、国民性なのか何なのか分かりませんが、コロナ禍にあって、そういう残念な部分が見えすぎちゃって困るの状態でうんざりすることもしばしばあります。

高校入試に何らかの影響があるのは当たり前のことです。むしろ、この休校期間が「なかったこと」になる方が異常です。出題範囲が狭まるか、問題を選択できるようになるか、いろいろな実施方法が考えられますが、そんなことを今から考えて「対策」する暇があるのであれば、フツーに中学校内容を終わらせるつもりで勉強した方が10000000000000000倍いいでしょう。当塾の授業では全内容を例年通り教えていくだけです。「入試が変化するから早めに対策を!」などではなく、「入試が変わってもやることは変わりません!安心して勉強を続けましょう!」と言うだけです。

そして、学校の授業が通常通り行われていたときも、現在のような不測の事態の状況下であっても、中高生が躓く場所はだいたい同じです。3ヶ月近く休校措置下で指導をやってきて分かったのは、学校の授業があろうがなかろうが、出来不出来に大きな差がないということです。

もちろん、「勉強が習慣化されておらず学校がないと勉強しない人」もいて、そういうタイプの人は大きく後退している可能性があるとは思いますが、当塾にはそのような生徒がいないのでよく分かりません。

一方で「めちゃくちゃ勉強好きです!」とか「努力が皮膚から溢れ出てる」とかいったようなタイプもいません(笑) まあ、本当に平均的な感じの中高生が多いように思います。そういう生徒に関しては、いまのところ例年との差はあまり感じません。ただし、今後もこの状況が長引けば状況は大きく変わってくる可能性はあります。

いずれにしても、毎月行っている月例テストの採点をしながら、学力の大きな下落を心配していたのですが、いい意味で裏切られた感じです。とくに高校1年生は、まだ高校の授業を受けていないのですが、むしろ昨年よりも出来がいいように思います(あ、これは・・・)。

いろいろと不安に思う人も多いと思いますが、入試は変わっても数学が変わるわけではないですし、正しく理解しながら進めていくということに変わりはありません。焦らず弛まず続けていきましょうね!

最新情報をチェックしよう!
>ちゃんとした数学の授業を受けていますか?

ちゃんとした数学の授業を受けていますか?

体験授業は随時実施しております。
学習相談なども受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG