久しぶりの再開

昨日は7月最初の日曜日だったのだが、4月からずっと中止になっていた楽団の練習が久々に再開するということもあって、遠足の前日の小学生のような浮かれた気分で練習に向かった。

俺の体の半分は音楽でできていると言っても過言ではないくらい、唯一ず〜っと続けていることだけど、こんなに楽器に触らなかったのは大学受験の時以来じゃないだろうか?

おかげで、吹き方を忘れてしまっていた(笑)

久々に曲を吹いたのだけど、狙った音にまったく当たらなくて、「プヘ〜」みたいな間抜けな音を連発してしまった。

これはリハビリにも相当時間がかかりそうだなあ・・・。

 

で、練習前には検温をし、アルコールでの消毒もしっかりやった。こうしたことは今後スタンダードになるのかな?

そして、気になる楽器演奏時の飛沫の飛散に関しては、ヤマハが可視化実験をやっていた。

これがなかなかおもしろい。

予想したよりも遥かに少ない感じだけど、念には念を入れて座席はかなり間隔を広げてセッティング。

いつもは隣と肩がぶつかるくらいのコンパクトな隊形で演奏するのだけど、1人分以上の間隔を開けての演奏というのは新鮮だった。

とても吹きにくかったけど(笑)

 

本来であれば6月に楽団創立20周年の演奏会が行われる予定だった。

創立から在籍するメンバーとして、とても感慨深いステージになるはずだったのに、コロナのせいでそれどころじゃなくなってしまった。次回の演奏会は11月に予定されているけど、これも開催できるか怪しい状況で、とてもモヤモヤしている。

全国的に見ても、いろいろな演奏会が公演中止となっていて、ホールでの生演奏とかライブというものがこの先どうなっていくのか分からない感じである。もしかしたら、もう二度とホールのステージで演奏する機会はないかもしれない。んなことはないと思いたいけど。

感染者の推移を見ていると第2波がもうすぐそこまで来ているような感じもする。

音楽だけではなく、仕事の方もいろいろと大きく変わっていきそうである。

まあ、でも悲観ばかりしていても仕方ない。新しいカタチを模索するということも、楽しんでやっていきたいと思っている。

最新情報をチェックしよう!
>ちゃんとした数学の授業を受けていますか?

ちゃんとした数学の授業を受けていますか?

体験授業は随時実施しております。
学習相談なども受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

CTR IMG